素人の漫画机

素人が漫画を描くとはこういうことさ。

【漫画制作552日目】落書き

最初に描いたのは手癖を乗せすぎて知らない髪型になったけど、二度目以降はちゃんと矯正。

f:id:yatamaru0131:20210413000647j:image

正面顔のバランスはご愛嬌。

 

どうでもいいけど七三で分かれてる前髪って横から描くの難しくない?

難しいというか描き方が分からんというか。

今回分け目のある方だけ描いたけど、逆側からだといったいどういう前髪に…?

うだうだ言わずに描いてみれば分かる。()

 

ともあれ男子のデザインも方向性が決まったので、あとは具体的なエピソードと照らし合わせて性格面からデザインの修正かな。あればね。

 

その前にエピソードが浮かぶかどうかが問題だが…

【漫画制作551日目】落書き

男子のキャラデザに着手…なんだけど、脳内イメージが全然ないことに気づいてピンチ。

f:id:yatamaru0131:20210412090124j:image

とりあえず引き出しから色々出してみた。

一応左上が脳内イメージに一番近かったもの。

 

中右と左下は描いてみたはいいけどちょっとイメージと違うかも。

中左は左上と2択になるかな?と思ってたけど「ん?目が怖い人と一緒に居ませんでしたか?」って感じだし無しかな。

 

 

左上と右下のハイブリッドで攻めてみるかなぁ…

【漫画制作550日目】構想メモ

素直になれないツンデレ系女子にするか、勇気が出ない奥手系女子にするか、でちょっと迷ってたんだけど、どちらかといえば奥手系女子の方が能力を活かした話を広げやすい気がする。

インパクトのある画を作りやすいというかイメージしやすいというか。

ここぞというときの能力の活き方、みたいな側面でいうとツンデレ系の方が「おっ、」ってなるかもしれないけど。

 

まぁ絞り込むにはまだ早い…か?

 

何かと不幸に見舞われる男子のピンチを救うため、3分間奮闘するヒーロー的な話も面白そうと思ってたりもする。ウルト○マンかな?()

 

 

ともあれイメージスケッチをするか。

頭ん中だとちゃんとイメージできてないところが補完される(イメージがないのにイメージできてる気になってしまう)からね。

…まだ男子のデザイン1ミリも考えてないけど。

【漫画制作549日目】落書き

ちょっと今日は考える頭がないので落書きしてお茶を濁す

f:id:yatamaru0131:20210410012124j:image

これは男子に「何か」が起きた後さりげなく現れる女子です。()

 

 

あー…今見直すと典型的な顔だけ気合い入れて描くマンだねこれは。()

 

顔だけ気合い入れて描くマンはね、顔だけ描いて、なんかいい感じに描けるとオマケで体を付け足すんだ。

 

だから首から上と下のバランスが取れてない。

しかも体を紙面に収めることを優先して描くから頭身はちんちくりんだし、首がやたら太い、頭がデカい。

 

…まぁ、せっかく自分で描いたのをあんまり貶めるのも良くないから「次は気をつけよう!」くらいの心持ちでいいんだけどさ。

だいたい体までちゃんと描くときはちゃんとアタリつけて描くし。()

【漫画制作548日目】構想メモ

最高にエモい瞬間だけにフォーカスしたらどうなる?

導入とか細かいことすっ飛ばしてさ。クライマックスだけ。

 

なんて、視点を変えて考えてみようと思った瞬間脳裏に何か浮かんだ。すごい。(小並感)

・消えてる間だけ素直になる

・いつもなら消えてたところを消えずに立ち向かう

(↑考えていくうちに最初のアイデアがあやふやにならないようメモ↑)

 

つまり消える女子さんは、好意を持っている男子がいるのだけども、素直になれないのだ。

そこで消える3分間を利用して、こっそり男子に好意を伝えるわけだ。もちろん男子本人にも気づかれなくなってしまうので、実際には伝わらないけども。

 

で、ここから思いつくクライマックスは2パターン。

ひとつは↑のメモの通り、能力なしで男子と正面から向き合って告白をするパターン。

もうひとつは、2人が一緒に消えるパターン。最初に思い描いてたやつね。

 

男子は女子がいない間に「何か」が起きていることに薄々感づいてたりなんかしても面白そう。女子のことを何か良いことを運んでくる天使的に捉えてたりさ。

 

あとこっちのパターンなら最終的に告白するのは男子側でもいいかも?

どうせ周りに気づかれないんだからすげーロマンチックなセリフ決めたりしたら面白そう。実は時間切れで丸聞こえでした、とか。

 

 

うん、こんな調子でもう少しアイデア発散させたいな。

【漫画制作547日目】構想メモ

うーん、いいアイデアが浮かばない…

 

能力をヒーロー的に活かしてるのはどうかな?

ヒーローものだと能力にかまけて調子乗ってるところ、何かしらの「壁」にぶつかって挫折しかけるんだけど、最後は克服して自信をつける、っていうのが王道だけど。

 

…原点から逸れるか。

 

 

能力の条件とか考えたらキッカケになるかな。

例えば女子が1人で消えるときと男女2人で消えるときの違いは?

 

女子の気持ち次第?巻き込みたいと思ったときだけ巻き込む。1人で→2人での気持ちの変化が上手く描ければエモくていいよね。

 

もしくは発動時に体が触れていることとか。発動後に体が離れたら?継続?解除?

逆に発動後に触れた場合は?

昨日書いたけど、こういう制限事項が加わると「壁」を作りやすくていいよね。

 

はたまた無条件で巻き込まれるか。

1人になるための能力だと思って使っていたのに…から始まる、能力の本当の意味に気づくストーリー。すごい。壮大そう。(小並感)

思いつかないけど。

 

 

体が触れてる触れてないは制限として面白そうだな。問題はどうしたら2人一緒に消える必要があるシチュエーションになるのかってとこだけど。

 

どうでもいいけど「消える」って打とうとするとサジェストにめっちゃ「帰る」が出てくる。

なんなんだコイツ。

【漫画制作546日目】構想メモ

ダメだ…思いつかない。

また設定に執着するパターンだなこれ…なんとか昇華させたいけど。。。

 

 

うーん、、、

①3分間の自由を謳歌している女子の元に突如投下される男子。

②自分に起きている不可解な現象の謎に迫る男子。

③そもそも男女2人で条件を満たした時に能力が発動する。

 

いや、書くだけ書いたけど③はさっぱりアイデアがないわ。

 

①の場合は女子がいかに自由を守り通すか?から始まって、段々と2人のために時間を使い始める、っていう流れが欲しいけど、いかに自由を守り通すか?だと良くも悪くもこぢんまりとしちゃうよね。発展させづらいというか。

 

②…これは真相にたどり着くまでを焦らすべき?いや、でもそれで真相が「超能力でしたー」はないわな。

すると真相にはすーぐ辿り着いちゃうなぁ。まぁ女子の正体とは…!?にシフトはできるだろうけど。

でもそんなことまるで考えてないからな。()

 

 

原点に帰ろう。

 

元を辿れば「あなたと消える3分間」だから、その3分間は2人だけの秘密の時間にならなきゃいけないわけだ。

そしたら何かしら邪魔する壁を乗り越えて2人の時間を過ごす話になる…と思う。

 

じゃあ邪魔する壁は?

・1日3分間の時間制限

・3分間は分割不可

・3分経過するまで解除不可

・感情で能力が暴発する

・発動する時刻が決まっている

 

パッと思いつく(思いついてた)のはこんな感じだけど。

明日この辺考えるか。