素人の漫画机

素人が漫画を描くとはこういうことさ。

【漫画制作655日目】構想メモ

塾帰りの不動くん。夜道を歩く。

背後から声がする。

耳繰「アンタが不動ね」

振り向くと怖い顔の女の子。

耳繰「お化けだぞ👻」

不動「!!」

---

耳繰「ふふふ…声も出ないようね」

耳繰「このままサクッと恐怖心をいただくとするわ」

不動くんの胸あたりに手を突っ込んで取り出そうとする耳繰さん。

耳繰「!?」

恐怖心が取り出せない。

耳繰「なんで!?お化けが怖くないのか!?」不動「いや怖いとか以前に話が理解できないんだが…お前お化けなの?」

耳繰「逆に聞くけど普通の人間に見える?」

不動「普通じゃない人間になら見えないこともない」

耳繰「」

---

〜説明タイム〜

不動「ふーん…つまりお前はお化けで、俺を脅かしにきたのか。じゃあお前が噂の…」

耳繰「いや納得されても困るんだけど。怖がってくんない?」

耳繰「っていうか噂って何?」

不動「最近この辺「出る」って、クラスで噂になってたぜ」

耳繰「!」

耳繰「私…今日初めて「出た」んだけど…」

青ざめる耳繰さん。

不動「え、そうなのか。じゃあアレはまた別のだな」

---

不動「お化けの繁忙期なのかな…まぁ、お前もがんばれよ」

去ろうとする不動くん。引き止める耳繰さん。

不動「?」

耳繰「…一緒に帰ってよ」

目を合わさずにお願いする耳繰さん。

不動「…お前本当にお化けか?」

耳繰「別にお化けに怖いものがあってもいいでしょ!」

---

 

いや長いわ。

こんなん4ページ無理では?

 

もうちょっと何とかならんものか…

【漫画制作654日目】構想メモ

いきなり耳繰meets不動・小輪刈をやると、どの設定までを説明してどの設定なら説明を省いていいかの精査が面倒くさいと思うに至った。

 

のだけど、じゃあどんな話にすればいいんだろう?

 

説明がmustなのは、

耳繰さんisお化けin人間社会

という設定だろうな。

 

in人間社会っていうのは周りの人間の描き方とか、舞台設定(場所が学校とか)でなんとかなるとして、

isお化けとなると、前の記事で書いたように見た目が明らかに人間でないとか、お化けの所業(人間には不可能な方法で人を怖がらせる)をさせる、みたいなのが必要だ。

 

 

うーん、じゃあ耳繰さんmeets不動くんのままだけど、耳繰さんが塾帰りの不動くんの前に現れるとこから始めて、1ページ目で耳繰さん異形(大袈裟)の見た目で登場、2ページ目で不動くんの恐怖心を取り出して食べようとするも取り出せず…、なんで!?→そもそも不動くん脳内処理が追いついてないので恐怖もクソもありませんでした、3ページ目で耳繰さんisお化けを本人に言葉で確認(ただし不動くんが目の前のお化け=同じクラスの耳繰さんであることにはまだ気づかない)、そういやクラスで噂になってたな、最近この辺「出る」って、と不動くん少し納得、4ページ目→私今日初めて「出た」んだけど…と耳繰さん、でオチ(?)

 

と、こんなんでどうだろう。

整理してないから訳わからないと思うけど。

 

これをプロットもどきなりネームなりに落とし込んでみるか。

【漫画制作653日目】構想メモ

構想っていうかただのアイデアメモだけど。

 

こんな設定面白そうじゃない?というところで、耳繰さんはホラーが苦手。

不動くんを脅かすためにホラーを参考にすればいいじゃない、ときたところにいやお前がダメなんかいと。

 

で、もうひとつ浮かんだのが、耳繰さんお化けらしい見た目はしているんだけど、今までその姿のまま人間社会で生活を送ってきてしまったので今更怖がってもらえない、という設定。

何かやっても「なんだ耳繰さんか〜、お化けが出たかと思ったわ」で済まされてしまう。

耳繰「お化けなんだが?」

 

後者の設定つけると不動くんが相手でなくてもよくなるな。

さーてどうしたものか。。。

【漫画制作652日目】構想メモ

昨日書いた「手出しのイメージ」とは違うアイデアが浮かんでしまったのでメモ。

 

父親に一人暮らしを許してもらう条件として、不動くん(って名前出したっけ?)をどうにかして恐怖させなければならなくなった耳繰さん。

しかし不動くんはとんでもなく怖がらないので一体どうしたものか…

 

というのが今までのベースの話。

 

で、そもそもの設定として耳繰さんはお化けパワーを失いかけているので、不動くんにだけ執着しているとお化けパワーがジリ貧になってあっという間にゲームオーバーになってしまう。

 

なのでお化けパワーを補充するための協力者(もとい生け贄)が必要だ。

 

そこで登場するのが小輪刈くん。

耳繰さんは小輪刈くんからお化けパワーを補充して、より強力なお化けパワーで不動くんに挑むのだ。

 

 

というわけで、昨日の時点では耳繰さんと不動くんのファーストコンタクトで話を始めようと思ったんだけど、そこに小輪刈くんを+、もしくは不動くんOUT小輪刈くんINで話を組み立てられないか再検討するぞ。

 

また泥沼期間が始まる予感…!

【漫画制作651日目】完成

写植まで終わり!完成!

f:id:yatamaru0131:20210728004944p:plain

実は今回コンビニのスキャナのガラス面に何か付着していたらしく、左上にとんでもないノイズが映っていたのだが、思ったよりキレイに取れてホッと一安心。(コマ枠上にちょっとだけ跡が残ってるぞ!)

 

あ!

今気づいたけど彩度落としてないわコレ。黄ばみタイプだ。

…まぁいいや、並べなければどっちがどっちか分からん。()

 

 

しかしこれで一区切りついてしまったので、裏の構想を表に出せるよう本格的にアウトプットしなければならなくなるな…

今、出だしのイメージはついてきたんだけど、最後の落としどころを思案中。どうあってもシリアスなものにはならないので、なんとかギャグっぽいオチにできないものか。。。

【漫画制作650日目】構想メモ

お茶を濁すわけではないんだけど、書いたらちょっと整理つくかなと思ってメモしてみる。

 

キャラクターにぶつける壁について。

 

設定としては、主人公はお化け。人を怖がらせて、恐怖心を食べる事でお化けパワーを得る。

お化けパワーがないとお化けらしいことができなくなって、人を怖がらせられなくなるのでお化けパワーを得られなくなって…のループにハマる。

主人公のお化けは人間社会に紛れて生活していたけど、まさにそんなループにハマっていたので、両親から実家に連れ戻されそうになっている。

実家に帰りたくない主人公に対して、両親は人間社会で暮らしていくのを許すための条件を出した。

 

で、この条件が本題。

 

今2パターン考えてて、ひとつはお化けエネルギーを数値化して、100万パワー稼いでこい!というパターン。実際に100万かどうかは置いといてね。

もうひとつが前回の構想メモでも書いた、○○を恐怖させられたら認めてやろう!というパターン。○○は特定の1人を想定してたけど、クラスメイト全員とかでも面白いかも(今思いついた)。

でもクラスメイト全員考えなきゃいけないから大変っちゃ大変だよな。

 

 

…うん、書いてたら後者設定でちょっとイメージ湧いてきた気がする。

最初の話なので裏の事情はともかく、主人公が○○を脅そうと(して失敗)する話。

プロット(?)書いてみよ。

【漫画制作649日目】塗り作業進捗その4

塗り終わった!

f:id:yatamaru0131:20210726003527j:image

いや、塗り終わっちゃったよ。

次の構想全然なんだが?

 

今回背景ないから、あとはスキャンして補正して写植して終わりだよ。

 

この連休中、次の漫画は構想をさておいてしまって、キャラデザをちょこちょこやったくらいだ。

構想については妄想は少し広がりんぐなんだけど、アウトプットは出来てない。

 

紙に色々書き出さなきゃ…